スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sam Cooke

いやー、またもやBYRDさんのところからTBです。
BYRDさんの記事はついTBしたくなってしまいますねー。

実は旧館の方で既に記事にはしていたのですが、
サム・クックは偉大なので(笑)何度でも書いちゃいます。

Soulとは「サム・クックの影響を受けた黒人音楽」という定義があるんだそうです。
納得です。
スモーキー・ロビンソンも
マーヴィン・ゲイも
カーティス・メイフィールドも
オーティス・レディングも
ウィルソン・ピケットも
JBも
もしかするとジョン・レノンも
みんなみんなサム・クックの影響を強く受けてますもんね。

"Legend"というDVDがちょっと前にリリースされました。
感動です!マストです!

スポンサーサイト

comment

TBありがとうございます

mayuさん、どもどもです!
またまたTBありがとうございます。
こちらもまたまたTBさせていただきました(笑)。
本当にサム・クックの影響を受けたアーティストって数え切れないほどいますよね~。
mayuさんが書かれているアーティストはみんな大物ばかりですが、その大物がみんな影響を受けているんですから、やっぱりサム・クックは「偉大」としか言いようがありません。
そういえば、ロッド・スチュワートの『アンプラグド』のエンディングもサム・クックの「Having A Party」でしたね。
  • 2004/12/29(水) 22:35 |
  • BYRD |
  • BYRD
  • [編集]

新らしいブログのスタート、おめでとうございます。
古い記事ですがトラックバックさせていただきました。"Legend"観たいですね。
  • 2004/12/29(水) 23:11 |
  • n_ayada |
  • n_ayada
  • [編集]

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

毎度TB有り難うございます。(笑)
いろんなミュージシャンの歌を聴けば聴くほど、どの音楽もサム・クックに収斂されて行く気すらします。
偉大ですよね。やはり。

ロッド・スチュワートは"Having A Party"やっていましたか。
確か他のサム・クックの曲もカバーしていた気がします。
有名どころの"People Get Ready"のカバーなんかもそうですが、やはりブラックミュージックの影響をモロに受けている感じですよね。
  • 2005/01/01(土) 14:46 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

上のコメントはBYRDさん宛です。

年明け早々失礼しました・・・。
  • 2005/01/01(土) 14:49 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

お久しぶりです。
新装開店したこちらの方も、今後ともよろしくお願いします!

TB有り難うございます。
"Legend"機会がありましたら是非是非御覧になって下さいね!
  • 2005/01/01(土) 14:50 |
  • n_ayadaさん、明けましておめでとうございます。 |
  • n_ayadaさん、明けましておめでとうございます。
  • [編集]

上のコメントはn_ayadaさん宛です。

ひーん、一度ならず二度までも!
大変失礼しました。
  • 2005/01/01(土) 22:45 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

遅ればせながら、あけましておめでとうございます

mayuさん、あけましておめでとうございます。

他のサム・クックのカヴァー曲・・・マーキュリー時代に「Bring It On Home To Me」と「You Send Me」のメドレーや「Twistin' The Night Away」をカヴァーしてましたね・・・mayuさんにつっこんでいただくまで全然気が付きませんでした(笑)。

今年も昨年同様よろしくお願い致します!
  • 2005/01/05(水) 23:37 |
  • BYRD |
  • BYRD
  • [編集]

明けましておめでとうございます>BYRDさん

といっても、もう松もとれてしまいましたが。(苦笑)
今年もよろしくお願いします。

ロッド・スチュワートまでもがサム・クックの影響下にあるわけで、
サムクック以降の音楽でサムクックの影響を受けていないものを探すのが難しいくらいですよね。
グレイト過ぎです。
でも、やはりサムクック自身の歌うものに勝てるカバーはない気がします。

サム・クックはその精神性が強調されがちですが、それだけの説得力を持ち得るのは、やはりずば抜けた歌唱力と作曲能力にあるからだと思います。
やはり、サム・クックの肝はその優れた音楽性ですよね。
  • 2005/01/09(日) 00:18 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

"Live At The Harlem Square Club, 1963" Sam Cooke

いよいよ今年もあと数日で終わりですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?大体今日で仕事納めという方が多いと思いますが、サービス業の方々はまだこれからが正念場だと思いますので、体調など崩されないようにこの年末を乗り切ってください。しかし早いもので、幣ブログ

Keep it A Live!やっぱLiveだね

Japan Music Blog連携TB企画 第18弾/Keep it A Live!やっぱLiveだね「ハーレム・スクウェア・ライブ」サム・クックライブ盤といえばコレ。それまではゴスペル・シンガーとして、あるいは端正なソウル・シンガーとしてしか知らなかったが、黒人ばかりのクラブでTwistin' the

あ~、終わったぁ~!

今日でようやく1年の仕事納め。あ~、終わったぁ~!というのが実感です。仕事でいろいろあった1年、間違いなくず~っと忙しかった1年でした。そして最後の最後に、ダメ押しのトラブル発生。夕方になってから、部署の人間全員で手分けしてお客様に電話がけ。ひたすら謝り

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。