スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 音楽 >
  • キリンジ「エイリアンズ」と「Drifter」

キリンジ「エイリアンズ」と「Drifter」

新春第一発目の購入CDはキリンジのベストです。
「エイリアンズ」を聴きたいがために買ったようなものでして。

彼等が聴いてきた音楽が何となく分かります。
スティーヴィー・ワンダーとかスティーリー・ダンとか
その辺なんだろうなあ。
「エイリアンズ」は何となくスティーヴィー・ワンダーの
何かの曲に空気感が似ているなあと考えていたのですが
多分"Creepin'"なんだと思います。
メロディーとかは全然違うんですけどね。
でももっと近い曲もあった気がしますが、思い出せません。
今ふと思ったのですが、ニック・デカロの"Italian Graffiti"っぽくもある気がします。どうかなあ。

バンドをかつてやっていたせいか、ついサウンドを聴いてしまいます。
キリンジもキリンジが好きなのか、アレンジの富田恵一が好きなのか
自分でもよく分からなくなることもあります。
ほかの富田アレンジのアーティストは特に好きでもないので
多分キリンジが好きなんだと思いますが。
富田アレンジはものすごく控えめなくせにその実ものすごく作り込んでいる感じで
なんとも言えない緊張感がさすが!という感じです。
7th、9th、11th、13thといったテンションの音の使い方も絶妙だし。
キリンジはやはりライブではなくCDで聴きたいアーティストだと個人的には思います。

エイリアンズ、やっぱり素敵です。
音圧低めなので、好みは分かれるところだと思いますが、
私はキリンジの曲の中では一番好きです。
アンニュイなVo.がたまりません。

なんとなく同世代の香りを感じます。
公団の屋根の上~♪とか、団塊ジュニアくらいの世代には原風景なんですよね。
最新アルバムの"For Beauthiful Human Life"とか幼少の頃カネボウのCMで刷り込まれてますもん。

今度は最新アルバムを買わないと。
「愛のCoda」を聴きたいので。

付け足し
Drifter、いいですね。盛り上げ方が凄い。
堀込兄弟はメロディーメイカーだなあ。
スポンサーサイト

comment

キリンジ大好きです。1番すきなのは1stです。曲はドリフターです。
エイリアンズも好きです。
特に「FINE」というアルバムでは、スティーリー・ダンがすきなんだ、ということをかなり思いました。
結構、最近のそんな密室感というのは、かなり苦手だったりはするんですけど(笑)
日本で一番すきな人たちですね。でも僕も一番新しいの持ってないんですよね。
  • 2005/01/09(日) 22:28 |
  • k-hiko |
  • k-hiko
  • [編集]

k_hikoさん、tb有り難うございます。

こちらからもTB送らせて頂きました。

密室感、うーん、確かにありますね、かなり。
k_hikoさんも書かれている通り、自分のテリトリー内で
全部完結している感じはありますよね。
そのテリトリー内で生息する人たち(私も含めて)は思わず耳を傾けてしまいますが
そうでない人はどうなんだろうというのは確かにあると思います。

最新アルバム、実は昨日レンタル屋で借りてきて聴いたのですが
露骨な密室感は若干薄まった気もします。それはそれでありだと思いました。
  • 2005/01/10(月) 13:33 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

アルバムを聴いて気に入ってたのですが、ライブの映像を見て、あまりの演奏のダメさにがっかりしてしまいました。
やっぱり日本人って、作品としては上手なのを作るけど、ことそれを再現しようとすると途端に演奏力、特に歌唱力の乏しさを露呈しますね。

そこらへんがスティーリーダンとかと決定的に違うところだと思います。

ということで「CDを聴きたいアーティスト」というのは大正解だと思います(笑)。
  • 2005/01/30(日) 20:00 |
  • キタガワ |
  • キタガワ
  • [編集]

お返事が遅れまして、申し訳ありません

どもどもです。
私も最近武道館ライブの映像を見た&聞いたのですが、
やはりちょっと残念でした。
オケがちょっとさみしいかなと。
まああれだけの作り込みをライブで再現するのは無理かもですね。
歌はまあかなり難しそうな曲ということもあり、きついのかなあと。

確かにスティーリー・ダンのライブ盤はかなり完成度の高さを感じました。
ただ実は5~6年位前実際見にいったときは、
ドナルド・フェイゲンが音痴でがっくりだったのですが。(苦笑)
彼の場合はトシというのも多分にあるので、まあ仕方ないかなあという気もしますが。
  • 2005/02/03(木) 20:07 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

キリンジの演奏の下手さというのは、凄いものがあるかもですね。
僕はFMでライブを聞いたんですけど、歌もかなり下手でした。

日本人うんぬんというのは、よく分かりませんけど。
ブライアンはCDと寸分たがわない演奏でした。
  • 2005/02/06(日) 13:04 |
  • k-hiko |
  • k-hiko
  • [編集]

うーん、確かに(苦笑)

結局キリンジはライブ向けのユニットではないということなんでしょうね。
ミュージシャンというよりアーティストというべきなんでしょうか。

ブライアン、行かれたんですよね。いいなあ。
2002年のペットサウンズツアーは行きましたけど、
こちらもCDと寸分違わぬ演奏で、びびりました。
  • 2005/02/07(月) 20:48 |
  • mayuoctober |
  • mayuoctober
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

キリンジ / Drifter

聴き出すと止まらないんですよね、この曲。ついついリピート。もう20回以上聴いたかも、しかも歌いながら。 言葉選びの巧みさとマニアから初心者?までを惹きつける、分かりやすくも、そこでそうくる?的なはずしも心地よいポップ職人の兄弟に、吸い寄せられてしまったのは

キリンジ「Fine」

試聴あり キリンジは偶数枚目の作品が渋くて、はっきり言って大衆性が低いと思います。これは2001年リリースの4作目。aikoがバックコーラスで参加しているシングル曲「雨は毛布のように」などは、ポップで聴きやすい仕上がりですが、全体的にアーティス

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。