スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carole King "Thoroughbred"

thoroughbred.jpg


「つづれおり」があまりにも有名で一人歩きしている感が強いキャロル・キングですが、
「つづれおり」後にもいい作品を残していたりします。
その一つがこれ"Thoroughbred"。隠れた名盤なのではと思います。
最近キャロル・キングの中では圧倒的に聴く頻度が高いアルバムです。

「つづれおり」前後のような実験的な感じは影をひそめ、
いい曲を作ろうとしてピアノの前でうなっていたら出来た、
という空気感に包まれたアルバムです。
ある意味ブリルビルディング時代のような、
自身の元々のスタイルに忠実なアルバムといえると思います。
イイ感じに力が抜けていて、聴く側もスピーカーと向き合ってというよりは
ご飯でも作りながら、といった気楽な気分で聴けます。
初期の気合が入った感じが好きな、ロックサイドの人には
居心地の悪いアルバムかもしれません。
ジェームス・テイラーとのヴォーカルの絡みもしっくり馴染んでます。

いろいろ「出入り」が激しかったキャロル・キングではありますが、
「いろいろ」を小総括したような詞です。
たそがれ時というにはちょっと早いけれど、
マラソン選手がちょっと後ろを振り返るような、
午後3時半、
といった感じです。

Still I wish I had known what I know now.
Maybe I could have spared you giving your youth to me.

(From "Only Love Is Real" in "Thoroghbred")

こんなこと、万年「人生の午前中」の私にはとても言えません。


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。